ララビアータ七菜のスローライフ

かつてララビアータ(片意地娘)と言われた七菜。立ち上げたオフィス七菜も何とか軌道に乗り、 今や4人のちびっ子を抱える肝っ玉母さん。仕事に妻に母さんに・・・片意地おばさんの事件簿?をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

茅ヶ崎海岸

lara372-1_20111209015451.jpg

茅ヶ崎海岸   hpoto by とらお
 
海の近くへ引っ越した。とらおは昨日は海岸へ散歩に。
 海岸では子供たちが遊び、海を見ながらのんびりしている人など様々だ。バーベキューをしている人におすそ分けをもらったと楽しそうに話している。
 子供たちも昨日は砂浜で砂まみれで遊んだらしく、帰宅してみるとお風呂が砂だらけ!でも、こちらもまた楽しそうに話していた。引っ越してよかった。
 私はといえば、休みの日もまだ引越しの後片付けもあり、家事に追われ、近所を散策する余裕が無いままだ。
そろそろ日差しも和らいできたので、自転車でうろうろしてみようか。せっかく海の近くへ来たのだから。  なな.

lara372-3.jpg

lara372-2.jpg
スポンサーサイト

テーマ:日々の暮らし - ジャンル:ライフ

秋の空

lara372.jpg


秋の空        photo byとらお
 台風が過ぎて晴天となった。8月に引越しをした茅ヶ崎から、世田谷の店に通う道すがら空を見上げる。
「気のせいか?いいや気のせいじゃない。」
空気がきれいなんだ。空が澄んでいる。日差しが痛い。
30年東京に暮らし、「小さい頃に見たあの雲が近頃では見えなくなった」と思っていた。でも茅ヶ崎にはまだあった。まだ、というか、きっとずっとあったのだろう。
いつだか忘れたが、車で通勤途中に見た入道雲があまりにもすごいので、とらおに急いで電話をした。『雲の写真を撮って!』残念ながらそのときの写真はうまく取れていなかったらしいのだが。
きれいな空、様々な真っ白な雲、青い空と白い雲の対比、きれいな夕日、夕日に染まり刻々と色を変える空と雲…自然の美しさに感嘆する。
ずっとこのままでいて欲しい。残していきたい。子供らのまぶたにも刻まれていくであろうこの景色を。                        なな.

テーマ:日々の暮らし - ジャンル:ライフ

「転機」 

lara368.jpg


「転機」            Photo byとらお
2日に引越しをした。私が、高校生までの何も心配事の無い幸せな時代をすごした湘南に。長く住んだ桜上水の団地が建て替えることになり、家族6人で住む家を探した。世田谷で探すなら転校しないで・・・学区内では相当無理しても、私にはゆったりすごすことのできそうな家は借りられないことが判った。
『いずれは湘南に移り、一緒に店を出そう』高志や文ともそう話していた。子供たちが全員小学生なのも動機となり、思い切って湘南へ移る決心をした。店探し、家探し、休みの度に湘南へ出かけた。風が懐かしい。『そう!やっぱりここで育ったんだ。』近くに海がある、自転車圏内に畑も緑もある。祖父母もいとこ達もいる。きっと子供たちにとっては最良の選択だと信じて。
とは言っても、桜上水のお店は?水の配達は?津波は大丈夫?通えるのか?お弁当やケータリングはどうする?解決していかなければならない問題は山積み・・・
う~ん!何とかなる!いや、何とかする!!皆で協力すればきっとうまくいく。
もう少し団地の片づけがある。終わったら、子供たちが生まれた家にさよならをしに行こう。                              なな

テーマ:日々の暮らし - ジャンル:ライフ

見納め。上からの満開桜

lara360-1.jpg

 今年はとうとう我が家であるこの団地を建替えのために引越ししなければならない。9月には壊し始める予定。私と同じ年くらいの桜の大木が何十本とあるこの団地は住人の自慢でもあった。それゆえの反対も多く、建替えの協議は何十年にも及んだ。それも、昨年ようやく決着。今年がこの状態での最後の花見となった。
 大地震の後、悲惨なニュースに友人知人を思い心は痛み、毎日続く揺れに体も硬直する中、少し遅かったけれど桜の木はいつもと変わらず見事な花を咲かせていた。人々の自粛ムード、水の宅配への不安、卒園、入学、あれこれ、あれこれ・・・きれいだなとは思うものの、「花見気分にはなれないな」と思っていた。
 ララビアータにとらおの写真を選ぶため、ファイルを開いた。毎日欠かさず撮っている。とらおの目を通して4月の景色を見た。そして1枚の写真を見たとき何故か涙があふれてきた。次から次から沸いてくる涙。様々な思いが交錯している。忘れていたものも・・・「息子のズボン、ベランダの手すり、桜の花。」 なな.

lara360-2.jpg
photo byとらお

テーマ:季節を感じる - ジャンル:ライフ

紅梅

2011紅梅
          photo byとらお
   鮮やかなピンクがかった赤が目を引く。
白い梅は可憐だが、紅梅には力強さを感じる。
力強さに引き寄せられて、近寄ってしばし見とれる。
私も見られている気がする。
見詰め合う。
ため息が出た。
色っぽい・・・なんだか負けた気がする。      なな.

テーマ:季節を感じる - ジャンル:ライフ

多摩川の花畑

lara342-1.jpg
 photo by とらお

暑くなると子供達が川へ行きたいと言い出す。水遊びがしたいのだ。プールへなど連れて行ったことがないので、水遊び=海or川 なのだ。
 この日も洸祐が「パパは今日暇かなぁ?」
と聞いてきたので、さては!と思っていたら
案の定。昼ごはんを急いで食べさせてから、送り出した。

lara342-2.jpg

帰りが遅いなあ。と、時計が気になりだした頃に、とらおが黄色い花束を抱えて帰ってきた。「多摩川に、この花がいっぱいだったよ!すごかったんだ!!」
思いがけない花束のプレゼントに、思わず口元がゆるんだ。
 さっそくお店の花びんに活けた。
子供達も楽しかったと満足げだった。                 なな.

店の案内→http://organic-nana.com/yume_shop.html

梅の香に包まれて

lara340-1.jpg

青梅と小梅が届いた。なんていい香りなんだろう・・・この香とともに思い出すのははじめての妊娠。梅の頃は臨月だった。赤ちゃんに会えるのを楽しみにしながら、梅酒や梅干を仕込んでいた。2年後には2歳間際の娘が、甘い香の黄色くて可愛い梅を、キラキラした目で見つめていた。そのときも臨月だった。まだまだのんびりしていた頃…梅の香が思い出させた。
今年も熟した南高梅を梅干にします。月末頃入荷予定。ご入用の方はご予約ください。
家の前の梅の実もこんなに大きく美味しそうに色付いて、梅ノ木は大したものです!なな.

lara340-3.jpg

テーマ:日々の暮らし - ジャンル:ライフ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。