ララビアータ七菜のスローライフ

かつてララビアータ(片意地娘)と言われた七菜。立ち上げたオフィス七菜も何とか軌道に乗り、 今や4人のちびっ子を抱える肝っ玉母さん。仕事に妻に母さんに・・・片意地おばさんの事件簿?をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私が娘をアトピーにしてしまった!

 4人目の子がアトピーになった。今思うと、彼女は生まれたときは上の子達と同じようにアレルギー因子は持っているかも知れないが、アトピーではなかったに違いない。
私が娘をアトピーにしてしまった!

 私は鼻炎や結膜炎のアレルギーに悩みながら幼少期を過ごした。そんなわが子を心配した母が自然食の共同購入組織に参加したのは自然な成り行きだと思います。自然食で育っても完治せず、社会人になってからも鼻炎が悪化、かなり厳しい症状だった。
 OLを辞めるとその症状は一転。鼻の手術まで考えていたのが嘘のよう。ストレスが症状悪化の原因だったのだろうか?その後、自分で仕事をするようになってしばらくした頃気付いたら鼻炎の症状はすっかり消えていた。

 そんな過去があるので、当然妊娠したとわかった時点からいつも以上に食事には気をつけていた。恐る恐る1人目を出産。100%母乳育児。私の食べたもので赤ちゃんの体調が変わる。ビールを飲んで赤ちゃんが真っ赤になってしまった事もある。グラタンなどでチーズを盛大に食べると赤ちゃんには小さな赤いぷつぷつがでてきた。卵もたくさん食べるとだめかな?しかし、チーズや卵を我慢すればそれほど悪化したりはしなかった。2人目も、3人目も同様の状態だった。おっぱいをやめても状況に変化はなかった。ほっとしていた。

 はじめの2回の出産後、指の関節が痛くなった。何かを握る手に力が入らない。リュウマチかと思った。いろいろ調べた。しばらく痛みは続いたが忘れた頃に治っていた。3回目の出産後、胡麻が無性に食べたくなって、炒り胡麻を大量に手に入れてもりもり食べた。もりもり食べた。たくさん食べた。指の関節が痛くならなかった。

 4回目の出産後、高齢出産で疲れた体を回復する必要があったのだろう。体が欲した。
高カロリーな食品が食べたい。食べたい!食べたーーーい!そうだ。胡麻だ。ところが以前のルートで胡麻が手に入らなかった。
胡麻 ごまっ ゴマァー!・・・そうだ。ゴマペーストがあった。
(販売している商品のなかにオーガニックゴマバターがあるのだ。)ビンを開けてスプーンですくって食べた。何の調味料も入っていない一瞬味気ないと感じるが、口の中に広がっていくとほのかに甘い。体が喜んでいる。
美味しいっ!

止まらなくなった。大きなビンに入っているのに、結構高価なのに・・・異常な食べ方だった。スプーンを突っ込んだまま、蓋をする暇がない。454gのビンを次々開けた。ゴマペーストの在庫がなくなった。注文した。到着するのが待てない。ピーナッツバターに手を出した。ピーナッツが甘い。なかに入っているちっちゃい粒が美味しかった。また止まらなくなった。ゴマペーストが到着すると、ゴマとピーナッツを代わる代わる食べた。
42歳で出産。妙に体が頼りなく、早く回復したかった。
自分の体のことしか考えていなかった。

生まれて数日るな

 4人目の赤ちゃんは、よくおっぱいを吐いた。…今まで一人もおっぱいをこんなに吐いたことないのに?…そう思ったが、よく吐く子はいる。と聞いていたことを思い出し、頭の中に湧いた疑問符をゴミ箱に捨てた。
赤ちゃんからのメッセージだったのに。
自分の中の自然が警告していたのに。
よく知りもしない、不確かな情報に惑わされた。

 ゴマとピーナッツを食べ続けた。

いつかゴマとピーナッツのマイブームは去り。4人目の赤ちゃんは、体中に小さなぶつぶつができて、体をくねらせて痒がっていた。

 ピーナッツは3大アレルゲンの1つだった。 知らなかった。
 
 
スポンサーサイト

症状改善を目指して

今までもいろいろと考えながら食事をコントロールしてみていましたが、あまりにひどいので食事療法の食箋を出来る方に相談してみることにしました。
 電話でお話をさせていただくと、甘いもの、動物性、豆、ジャガイモ禁止。玄米と野菜をよくかんで食べるようにとのこと。油っぽいものもだめでした。
 今まで大豆、豆類、豆腐、納豆、ジャガイモは自己流では食べてよい物のリストに入れていたのですがこれもだめだと言われてがっかりしました。しかしよく考えてみると納豆を食べると耳の下が痒そうだったり、ジャガイモもおやつに揚げて食べたらひどくなったりしていたように思います。思い切って全て止めてとにかくるなちゃんのひどい症状をなんとか治そうと決心しました。
写真5ヶ月6ヵ月

皮膚科に行くべきか?

その後ただれたようになり、顔面全体がジュクジュク頭までジュクジュクしだし、寝ながら掻き耳の周りの髪の毛をほとんど全て自分で毟り取ってしまいました。見かねてほとんど髪の毛を切ってしまいました。その頃が一番ひどく顔の皮を剥ぎ取られたみたいでした。   
おっぱいを通して良くも悪くもなっているに違いないのだから、私がしっかり考えて今以上に「食 生活」を見直さなくては…きっと大切なメッセージのはず。

写真4ヶ月  5ヶ月

ちょうどその頃お風呂が壊れてしまい、近所のお風呂やさんへ通い始めた頃でした。
 あまりひどい様子の赤ちゃんを目にして先輩お母さん達(おばあちゃんたち?)が群がってきて…「どうしたのこれは?」「お医者さんへいってるの?」「かわいそうに」仕方なく…いっていません…と答えるや「行かなきゃだめよ」「こんなにひどいんだものお母さんの責任ですよ」「明日すぐに行って来なさい」「駅前の○○医院がいいから」「お母さん!かわいそう過ぎますよ!!」「朝1番で行くんですよ!」口々にお叱りにも似た忠告の嵐。小さくなって「すみません。」「はい。ありがとうございます。』と言うしかありませんでした。
 家へ帰りとらおにそのことを報告し。「行かなきゃだめかなあ…。でもいったところで薬をもらうだけでしょう…」医者へ行っても根本的な解決にはならないと思いながら、我が子のあまりに無残な姿に 《かゆみだけでも抑えてあげたほうがいいのかなあ》と心が大きく揺れていました。
 翌朝は大雪!出かけようにも出かけられず《これは行かなくていいってことだわ!》なんだかほっとしたのでした。

るなちゃんのアトピー

るなちゃんは生後1ヶ月を過ぎた頃から湿疹が出て来ました。この時期の湿疹は乳児湿疹といって多かれ少なかれどの子にも出るものだ。という認識でみていました。
なかなか良くならないなあ。何かひどくなっているみたい…。・・・?変だぞ!もしかしてアトピー?
こんなふうに状態を見ながら考えていましたが、3ヶ月を過ぎる頃にはこれはアトピーに違いない。 と思うにいたりました。お喰い初めの写真では赤いほっぺをしていますが、髪の毛はふさふさしています。    
写真 3ヵ月お食い初め
お食い初め


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。