FC2ブログ

ララビアータ七菜のスローライフ

かつてララビアータ(片意地娘)と言われた七菜。立ち上げたオフィス七菜も何とか軌道に乗り、 今や4人のちびっ子を抱える肝っ玉母さん。仕事に妻に母さんに・・・片意地おばさんの事件簿?をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年の夏は・・・

lara366.jpg

今年の夏は・・・        Photo byとらお

梅雨が明けた。
夏だ!暑い。夏だ!夏休みだ。夏だ!プールだ、海だ。

今年も夏がやってきた。でも、今までとはどこか違う。
もう、何かが変わってしまった。知らん顔が出来なくなったのか…
みんなの中にあるこの気持ち。このことが、日本の、地球の、子供たちの未来を変える大きな流れになって欲しい。
知らん顔をしないで生きよう。

いつの日にも子供たちが元気に笑って走り回れるように。 なな.
スポンサーサイト

テーマ:日々の暮らし - ジャンル:ライフ

寒椿

lara353-1.jpg

お店を開いて2年半が過ぎようとしている。3年で黒字になれば成功と言われているが、あと半年。少し何とかなりそうな兆しが見えてきた。
かなりへんぴな所に立地しているため、店の前を通らない人には全く気付かれない。どうやって店の存在を知ってもらうかが生き残れるかを左右する。あの手この手を打たなければならないのだが、店に配達に子育てに…言い訳だが、思うように行かない。
だが、日々美味しい食材、美味しい料理を提供し、地域の人に知ってもらえるチャンスだからとPTAの活動にも積極的に参加していたら、ゆっくり少しずつだがお客さんは増えている。そして様々なメディアが注目し、紹介してくれるお陰で遠くからも訪ねてくれるお客さんが増えてきた。なんとかなりそうだ。もう一頑張り。
 思えばずっと、いつも「もう一頑張り!」といってきた。
自分に云い聞かせる「もう一頑張り!」は魔法の言葉かも知れない。ずっと頑張り続けようと思うと不可能に思えることも、一頑張りならできると思える。
 今年も皆に支えられながら「もう一頑張り!」「もう一頑張り!」と「もう一頑張り!」の積み重ねで過ぎていった。小さな頑張りを積み重ねられる有り難さを噛みしめながら。あと2週間、配達やお店の仕事をしていこう。
 今年も1年間お付き合いいただきましてありがとうございました。
来年も変わらぬご愛顧をお願い致します。
皆様の新しい年のご多幸をお祈りいたします。 なな.


店の案内→http://organic-nana.net/user_data/tenpo.php

テーマ:日々の暮らし - ジャンル:ライフ

ラフレシア?いいえ、シシタケです

 高志シシタケ

お店の真理ちゃんが「ラフレシアみたい!!」と言っていた。表はこんなで、裏は毛足の長いタオルか絨毯のよう…どこから見ても気持ちの悪い様子なのだ。香茸という学名がついているだけあって、香が強い。これを干してから使うのが福島流。珍しいものだからとお店の常連のお客様に見せてあげたら、せっかくただで天ぷらにして食べさせてあげようと思ったのに、「いらない」だって。そんなきのこです。天ぷらにするとサクッとした衣の中で、香ばしさとトロッとした食感が口に広がる。今年は食べられた。うふっ、よかったな。
 先日の桜シメジはちょっと苦味があったがパスタが美味しかった。むらさきシメジも少し苦いかな?クリタケはシチューにしようかな。モダシは汁のみがお勧めだ。
 普通なら、天然のきのこはめったに手に入れることができない都会暮らし。会津の水を頂いているお陰で原生林のエネルギーを分けていただける。水に山に自然に感謝…  なな.

クリタケ
クリタケ

シシタケ
シシタケ

むらさきシメジ
むらさきシメジ

テーマ:オーガニックライフ - ジャンル:グルメ

「今年も天然きのこです」

2008.9月きのこ大猟ブログ用
高志が水汲みから帰って来る。
いつものように「今から帰ります。」と電話が入った。
「収穫は?」山の幸が気になりお疲れ様というのも忘れる。
「期待してて・・・!」高志の声が弾んでいる。
「わー!楽しみ!!気をつけてね。」
 翌日が運動会とケータリングが重なっているため遅くまで準備をしていると、高志が帰ってきた。
買い物籠2つがいっぱいになっている。
「すごい!!」
開いてみると写真のような大成果。大きな舞茸が4株。立派なシシタケがごろごろ。
高級料亭にしか回らないという希少価値の千本しめじが大小5株。よくもこんなに採れたものだ。
どれもこれもなかなか見つからないものばかり。素晴らしい!
これならきのこセットで会員さんにも分けられる。
残念ながら千本しめじは日持ちがしなくセットには無理だ。
やった!みんなで美味しく頂いた。      なな.

テーマ:秋の味覚 - ジャンル:グルメ

秋晴れ

lara298-1


雨が多い。安定しない天気が続いている。晴れて欲しい。秋晴れはどこへ?
・・・女心と秋の空・・・変わりやすいものなのか。
 お水の配達の日もお天気が気になるが、お店をはじめたら本当に雨は困る。「にっぱち(2月8月)は店はダメだ」とよく人が言うように暑くても寒くても人出が悪い。そして雨の日もダメだ。閉めようかと思うくらいの暇さ加減なのだ。というわけで今年の秋は秋晴れに恋焦がれている。よーく考えれば、運動会の日も晴れだった。あの日もこの日も暑かった。お天気の日が無かった訳じゃない。私が、ことさらに「天高く馬肥ゆる秋」うろこ雲の秋晴れに焦がれているだけなのかもしれない。
 今週末18日には大井町駅前・品川キュリアンで9条連の方々が主催する「9条フェスタ」、26日には湘南で「アロハスカーニバル』などが予定されている。様々なイベントもお天気次第で楽しさも大違い。当分秋晴れに恋したままになりそうだ。 
     なな.

森のバス

lara280


このところ東京もすっかり冷え込んでいるが、ということは我が「あいづの水」の里はさぞかし…と思えばやっぱりこの通り。
以前からの会員さんはご存知だとは思うが、このバスが水汲みの際の宿泊施設なのであります。この中に食卓・食器棚・ガスコンロ・布団・食料・ストーブ…生活に最低必要なものが一応揃っているのだ。そのバスがこんな感じに雪の帽子をかぶっていると中は冷蔵庫みたいになってしまう。中で寝ていても朝起きて飲み残しの湯飲みの中を見るとお茶が凍っている。今年は温暖化の影響か?降った雪が寝雪にならずに解けてしまうというが、それだって寒いに違いはない。
そんなバスに高志は月に2回から3回その都度2泊から3泊して水汲みをしている。「さむかったー!」「雪すごいよ!」とは言うが、「行くのやだなぁ」とは絶対言わない。1年を通してこの美味しい水を黙々と運んでくる。高志に支えられて、今年もスタートした。
                      なな.

テーマ:お取り寄せグルメ - ジャンル:グルメ

船上から見た夕陽  

夕陽


・ 今年も最後の配達になりました。皆さんはどんな1年でしたでしょうか?
・ 私は、期せずして未来のことをたくさん考える年となりました。近い未来や、遠い未来。来年の仕事はどう展開していこうかとか、数年後にはどうしていたらいいのかとか、子供達が大きくなって自分は年を取ってどうなっているか…とか、両親の健康と将来の事や、夫婦としてどう年を重ねてゆくか…とか。
・ 毎日目の前にあることでいっぱいいっぱいで、ほとんど先のことなど考えてこなかったのですが、少し先を見据えて日々頑張ろう!と思った1年でした。
・ いろいろと悩んだり、気付いたり、答えは出ないことが多いのですが、自分が消えていく時に答えは出るのだな。と思います。目の前にある見過ごしてしまいそうな幸せを大切にしながら、正直に毎日を精一杯生きたいと思います。
・ 1年間ありがとうございました。来年も皆様に喜んでいただけるよう頑張ってまいります。どうぞよろしくお願いいたします。          なな.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。